駅スナップ【Marche train 〜まちとらん〜】の打ち合わせを通じて。

8月入ってすぐにブロガーのゆう@さんと(@YtpdiY_yuji )

駅スナップ【Marh train 〜まちとらん〜】についてのお話をする約束をしました。

 

駅スナップの製作日程は、8月26日に行われるのですが

実際の製作におけるコンセプトや冊子のサイズ感といったことを、事前に会って詳しい内容を知りたかったのでお会いすることに。

純粋な動機

ゆうさんと合流した後に、僕が行きたかったカフェが2件続けて臨時休業&オーナー不在とのことでマヌコーヒーさんでお話をすることにしました。

早速、本題について話をすることに。

僕はコンセプト以外にターゲティング・冊子を置く場所・広告掲載などについて詳しく聞こうと思っていたのですが、ある言葉によってその考えを改めることになりました。

 

「特に決めていなくて、やってみたいと思ったから。」

 

僕はこの言葉を聞いて衝撃を受けました。

モノを作成する上では、人のニーズや冊子提供場所といったモノのマーケティングの視点で見ることが先ず第一に必要だと考えていたからです。

 

Product(製品)・・冊子のデザイン・レイアウト・コンセプト・読者ニーズなど

Price(価格)・・無料or有料?

Place(流通)・・セレクトショップに置く?小さなカフェに置いてもらう?

Promotion(販促)・・ブログ記事での情報拡散?SNSでの拡散?

 

といったマーケティングの4Pを軸に考えていましたが、そんな小手先のテクニックはここでは不要でした。

「冊子の製作をしてみたい」という純粋な動機のもとで始める。

というのが今回の企画の軸。

 

僕も「冊子づくりに興味があるから一連の工程をこの企画を通じてやってみたい」という思いで参加の一票を投じた人間であることを思い出しました。

思えば幼少期にハマっていたものは、特に理由はないけれど

楽しい・やってみたい・面白そうといった純粋な動機が占めていた気がしました。

22歳になって、純粋に楽しむことを忘れてしまった自分に少しの悲しみと哀れみのようなものを感じてしまいました。

 

たったの一言で自分の考えを根本的に考えさせられる良い機会。

そしてなにより純粋な動機ほど強いエネルギーを持っているということを実感。

 

 

ブログの写真はオリジナルで

 

話は少し変わって、ブログのことについてお互いに話すことにしました。

僕の悩みは、ブログ画像についてで以下の悩みがありました。

 

・画像を探す時間に手間が取られる

・自分の思った画像が中々手に入らない

・誰かと画像が被るので没個性化する

 

そこで、ゆうさんからのアドバイスでカメラで写真を撮影して差別化を図れば良いのでは?と助言を頂きました。

 

 

思えば僕は一眼レフやスマホのレンズも持っているのに撮影器具をほとんど使っていないことに気が付きました。

おまけにカメラの三脚も持っているのにほとんど出番が無いのは非常に勿体無い気がしました。

まさに、宝の持ち腐れってやつです。

 

自分で写真を撮影することで

・撮影スキルの向上。

・自分の思った写真を生み出すことができる。

・カメラを使った表現方法が増える。

といったメリットばかりでした。

 

デメリットは・・・・こだわりすぎるとキリがない。くらいでしょうか。

 

ブログ画像を探すくらいなら自分で試行錯誤して撮影をした方が自分のためになるなと思いましたので、今回の記事から自身で撮影した画像を積極的に使っていきます。

 

他にも、ゆうさんのバンド時代の話など色々お話を聞いたのですが、ここでは割愛。

詳しいお話を聞きたい方はゆうさんとお話をするか【Marche train 〜まちとらん〜】に参加して実際に色々と聞いてみることをオススメします。

Marche train〜まちとらん〜 について。(駅スナップ) | | Ytp-diY
どうもトウユウジ(@YtpdiY_yuji)です。 以前話していた【駅スナップ(仮)】の正式タイトルが決定しましたので、お知らせも兼ねて、ご報告させてください。(六本松...

 

最後に

”やりたい””興味がある”といった強い好奇心は小手先のテクニックなんかよりも大切な本質です。

販売形態がぁ~や価格は~といったことは二の次で良いです。

机上の空論よりも先にさっさと手を付けて何らかの成果物を作ることが大切だと言えます。

 

人はどうしても短期的な結果を求めてしまいがちですが、それだけではモチベーションや何のためにやっているかといった意義を見失ってしまいます。

自分が何を軸に?どういった動機で?といった本質を見失わずに取り組むことが何よりの原動力になります。

もし、あなたが本質を見失っているようなら、今一度自分の”本音”をぶつけてみるとよいかもしれません。本当にやりたい理由が必ず見えてくるかと思いますので。

 

て、白ワインの酔いがちょうど回ってきたので今日はこのへんで。

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です