高校の朝課外!?やはり0限から始める高校生活は間違っている。

 

 

朝課外という0時限目から始まる授業はご存知であろうか?

おそらく、九州地方でのみで行われる地獄のようなカリキュラムだ。

普通、高校の授業であったら9時に始業であるところが多いのだが、

この0時限目から始まる”朝課外”というものは7時30分からスタートする。

7時30分には席について授業を受けなければならない。

 

僕は高校までは自転車で行ける距離だったので、登校に苦労はしていなかったのだが、

人によっては、島などから来ていたので登校に2時間なんてかかる人もいた。

登校に2時間もかかるうえに、朝っぱらから授業を行うのは非常に迷惑だなと。

 

そのうえ、朝課外も遅刻・出席・欠席の確認を取るのだ。

朝課外を一回行かなかっただけで皆勤賞だったりや、日頃の態度といったものに影響を与えてくるのだ。人によっては推薦のために頑張っている人もいると思うのだが、この朝課外というものを遅刻するだけでマイナスを食らうことがある。

 

・『〇〇君は、普段の出席は良いのだけれど朝課外は毎回遅刻していてね・・』

・「3日連続で朝課外に遅刻ってどういうこと!!!やる気あるの?」

なんて目線で評価されてしまうので推薦を逃す可能性もでてくる。(実際に僕がそうだった)

 

そしてこれは教師側にもかなりの負担だ。

 

教師の負担

朝の7時30分から授業があるのでそれよりも前に高校に着いて授業の準備をしてなければならにので朝からとても忙しい。

しかも、受験期の高校生の授業を持つとなると”放課後課外”なるものが追加される。

放課後課外まで含めると、6限・7限まで時間的な束縛を受けることになる。

ざっと考えて、朝の7時30から夕方の16時過ぎまで働くことになる。

 

しかし、これだけが先生の業務ではない。

授業のカリキュラムを考えたりやテスト・練習問題を考えたりや時には生徒の勉強の相談に乗ったりと、とにかくやることが多すぎる。

おまけに、部活動の顧問なんて抱えている先生ともなると帰宅時間は遅くなってしまう。

 

全ての業務が終わるのが20時過ぎなんてことも聞いたりもする。

通勤時間・労働時間を考えてみると12時間から15時間ほど取られているのではないだろうか?

圧倒的な過剰労働だと考えられる。これが常態化している段階で危険シグナルを発信していると思う。

 

生徒への負担

 

0限はとにかくデメリットしかない。とにかく朝が眠い。

起床時間は大体6時。生徒によっては4時・5時起きなんてことになる。

 

しかし、ここで問題がまた1つ。”昼食”

昼食を自分で作る生徒や母親に作ってもらう人もいるかとおもわれるが、その分の時間もちゃんと作らないといけない。

母親が作る場合でも、母親が早朝に起きて準備しなければならない。これもまた人的負担が増えてしまう。

 

高校生は成長期という大事な時期なのに、朝課外のためだけに無理矢理カラダを起こして準備をして学校へと向かのはかなりのストレスだ。僕自身も強いストレスを日々感じていた。

 

だいたい僕はいつも、ギリギリに高校へ向っていたので先生からマークもされていた。

それに対して僕の友人はよく学校をサボっていたけれど僕もマネをすれば良かったと軽く後悔をしている。

人生には休息が必要なことを若干18歳のときに理解した。

 

他にも

・ストレスが溜まる

・睡眠不足。

・勉強に集中できない。

・長時間の拘束に慣れてしまう。

・若いという言葉だけの力に頼りすぎてカラダを壊してしまう可能性がある

 

これだけでもかなりのデメリットだけが浮き彫りになるので朝課外のメリットがあるかというとかなり怪しい。

 

更にまずいのは教師と生徒がお互いに悪循環に陥ってしまい、

教師が生徒へのストレスの捌け口になってしまう可能性もある。こうなってしまうと授業自体が殺伐としてしまう可能性もでてきてしまい、教師と生徒との関係性が悪化する。

関係性が悪化すると授業の質に大きく影響が出てくる。

 

まとめ

0限には教師・生徒側においてもデメリットしか存在しない。

長時間で稼働することが”良いこと”みたいな先入観を若い内に植え付けてしまうので、長時間労働の常態化を植え付けてしまう可能性が出てくる。

思春期という大事な時期に睡眠不足なるということはカラダの成長に悪影響を及ぼす可能性が圧倒的に出てくる。

授業は教師と生徒の連携が伴ってから圧倒的な効果を発揮するのにそれを壊してしまう状況を作っているのは教育的にもまずい。

 

とにかくだ。朝課外を止めよう。

朝課外を止めるだけで個人の使える時間は圧倒的に変わってくるはずだ。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です