スポンサーリンク

クレジットカードの不正利用!? BILL ITUNES COMとは?

クレジットカード

『自分には関係の無いことであろう』

ということで人は軽視してしまうことがある。
まさしくそれは僕自身のことであり、今回の被害者である。
普段は何も起きないからと安心していた時こそ、なんの前振りもなしに悪魔はやってくる。

今回はそんな僕に降り掛かったクレジットカード不正利用について書いていこうかと。

気がついたのは明細が届いた時

クレジットカードの明細が月末に届くので確認をしてみると信じられない文字が羅列していた。

誰やねんこんな悪質なことしたやつ。

これがカードの限度額MAXまで行われていたのであった。

なおぽん
これがクレジットカードの不正利用と言われるやつか…

不正利用のことは聞いたことはあるが、自分には関係のない話だろうと思っていたが全くそうでなかった。
というか冗談で済ませられるものでもなかった。不幸中の幸いにカード会社が不正利用を察知してくれたおかげか数日で全額返金されていた。

僕の場合は、BILL ITUNES COM 3800だけだったが、BILL ITUNES COM 980など多岐に渡る。

どうして、3800,980と中途半端な数字なのかはカードの不正利用がバレないようにと少額で行うためであるからであろう。

なおぽん
しかし、結局全額使うならバレるんちゃうか?

どうして、こんな中途半端な金額かは実行者のみぞ知る。

情報はどこから漏れたか?

僕は、itunes storeはほとんど利用していないので直接的な流出は無いと考えられるが、
ログインしたまま色んなサイトを徘徊していることがあるのでそのスキにデータが流出した可能性がある。

なおぽん
ネットの情報流出怖いっす

不正利用に全く気づかなかった理由は、普段あまり使わないカードということもあったのとカードの明細がすぐに来ないような状況になっていたのが問題であった。

気をつけるべきこと
・情報の漏洩があったサイトを使用していた場合は気をつけておく
・ログインしたままのネットサーフィンのせいで情報漏えいの可能性も考えておく
・カードの利用履歴を確認する

不正利用があった場合には?

今回の場合、カード会社が不正利用をすぐさまに察知したおかげで全額すぐに返ってくることになったがこれが何も無かったら月末に悲鳴あげていたかもしれない。
しかし、銀行側もそんな鬼ではないので、自身の使用履歴の潔白を晴らすことができればすぐに返金される。

ネットで調べてみるとitunesのほうにお問い合わせから連絡をして対応をすることが一番早いとのこと。公式からもそのような注意の告知を行っているようだ。

銀行、クレジットカード、デビットカードの明細に「itunes.com/bill」という請求や身に覚えのない請求がある場合

不安な方は、カード会社にも連絡を確認することもしておくとベストである。
僕と同じような状況にあった方の返金までの詳しい過程を書いているので『もしかしたら自分もかも‥?』という方は念のため、一読しておくことをオススメします。
”http://www.obajin.com/entry/20170427/1493262000″

最後に

クレジットカードは会計の際には非常に便利な代物であるが、情報が漏洩するとたちまち悪用される可能性があるので取扱いに気をつける必要がある。普段のネットショッピングはクレジットカードで済ます癖のある僕にとって今回の件はカードの使用を考えさせられるきっかけとなった。

海外で商品を買う人やネットショッピングをする人の中には少なからず番号抜き取られるのが怖いという方もいると思うのでしっかりとセキュリティ対策や変なサイトに行かないなどしっかり対策を取りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました