福岡メイドカフェ天神style(スタイル)へぼっちで行ってみた。

癒しが欲しい。

 

現代日本において、仕事や人間関係などのストレスを抱えている人も多いと思う。
残念ながら、僕もその一人だ。

人それぞれ癒しの方法がある。アロマセラピーやアニマルセラピーとかとにかくセラピーセラピーってなんだよ。
セラピー症候群かよ。セラピストが大忙しだなこの世の中。ってか最後にストってなんでつくんだろうね?ストライキするわけでもないのに。

そんなわけで癒しを求め、僕は天神のメイドカフェに単独で向かうことにした。

メイドカフェ天神style

メイドカフェ天神style(スタイル)は
天神地下街を通り、天神フタタ出口を出て天神北を直進。

すると、うどんのウエストが見えてくるのでそこのビルの二階に天神style(スタイル)が見えてくる。
興味がある方は各々、調べてくれ。

店内(文章のみでお楽しみください)

店内での撮影はほとんどNGということで、店内の内装や雰囲気などは僕の残念な文章でお伝えできたらと思う。

”カランカラン”

シックなドアの上部に付いている鈴が鳴ったらご主人様・お嬢様のお帰りを伝えるサインだ。

メイドさん「お帰りなさいませご主人様」

シンプルな白と黒のランチェスターメイド服で登場したメイドさん。the王道。

ご主人様(僕)「(どうすりゃいいんだ)(ここで存分にコミュ障を発動してしまう)

 

入り口入って正面にバースタイルの席。ここに座るとメイドさんと存分に会話ができそうだ。
入口正面右手側にはテーブル席がズラリと並んでおり、2人以上のお客さんやゆったりとくつろぎたい人向けだと見受けられる。

その後、テーブル席にメイドさんに通されぼけーっと店内を眺めることにした。趣味が人間観察だと大体こうするよね?えっ俺だけ?

 

ざっくり、20人前後は収容できるほどのスペースだった。
内装は白壁をベースにし、ブラウンの机に椅子といったシック基調。白レースのカーテンが外からの眺めを遮断し、視線を感じさせないスペースづくり。ついでにプライバシーポリシーも守ってくれそう。
店内を優しく包み込むクラシック音楽がメイド服・店内のイメージを結び付け、癒しの相乗効果を生んでいた。

”これがお店作りってやつか…”と一人で関心していた。

 

お絵かきイチゴミルクを注文

いい歳した22歳のおっさんがな~にイチゴミルクなんて頼んでんだよって思う。
人生日頃から珈琲みたいに苦いとなんだか辛くなるんだよ。ちょっぴり甘えたいところもあるんだよ察してくれお願いだ。

ちなみに、女の子と一緒の時にイチゴミルクを頼むと笑って胡麻化してネタにしてくれるか、全力で引くかのどっちかだから女の子の属性を選んで用法用量正しく使おうな!苦い経験談だ!

そして僕は、MAXコーヒーを箱買いするほどの甘党さん。甘々な飲み物が飲みたくてイチゴミルクにした。

てか、福岡にマッカンなんで無いの??いや、買える場所一店舗知ってるからいいんだけどさぁ。

ジョー〇アオリジナルのロング缶はあるけどあれじゃなくてマッカンが飲みたいんだ。

そんな無駄なことを考えていたらお絵かきイチゴミルクが登場。

 

僕は、非日常を獲得したかったので非日常。と書いてもらった。

普通なら名前とかあだ名とかそんなの描いてもらうのが鉄板だと思うんだけど、ちょっと僕自身がしっぽりした気持ちだったのでそんな気分にならなかったんだよね。

お値段700円。こちらのチャージ300円が上乗せで1000円。とても良心的な値段設定。

 

他には、定番メニューの似顔絵を描いてくれるオムライスメニューからあまあま♥♥のパフェまでメニューはズラリ。メイドさんと一緒にチェキを撮ったりもできるので記念に一枚いかがかな?

女性客やカップルもいたので、訪れやすいメイドカフェだと思います。俺も女の子連れてこんなとこ来れたらいいな。

追記
※店内の撮影はほとんどNGだから、写真撮影等はメイドさんに事前に聞こうね!!!

最後に

メイドカフェに行ったことが無い人にもとても入りやすい場所なので行ってみる価値はありです。

一人ぼっちの男性の心を癒してくれる素晴らしい空間とメイドさんとの何となしなおしゃべりがあなたの心を癒してくれるはず!

天神にお店を構えていて良アクセスなのでまた来ると思います。いっそのことイチゴミルクしか頼まない人っていうキャラ設定でいくのもありあだな。イチゴミルクって語感が空恐ろしいほどかわいいんだけどこれ何気に凄い。

メイドカフェで新たな非日常体験を。
天神style

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です