片っ端から企業の人に『僕の第一印象はどうですか?』って聞いてみた。

仕事

これは僕の考えなのですが、結局、人を見るのに重視されるのは『見た目』なのではないかと。

もちろん、その人の内面なども見られる場合もあります。しかし、就活では全員が同じスーツを着て同じようなことを喋るので差を付ける面があるとしたら、『見た目なのでは?』という結論に。

もちろん、すぐに

 

『鼻が低いから鼻を高くしたい!』

『目の下のクマを無くしたい!』

『ニキビ面を治したい!!』

 

なんてのはほんの数日で治すのは難しいです。

では、どこで欠点を補うんだよ。と思うのですが、それは『第一印象』だと思います。

人と仲良くなる時には第一印象で決まることが多いです。

『この人は優しくて話しやすそう。』

『この人はお気楽主義で面白そう』などといったその人のパーソナリティです。

そこからこの人は優しいから人付き合いが上手そうなどといった連想に繋っていきます。

 

けれど、『俺の第一印象ってどう?』って言われても聞きにくいですよね。

特に長年付き合っている友人なんかにそんなことを聞いても『今のあなた』に即して答えることが多いと思うので確実な答えが得られるとは限りません。

なので、就活という自分探しイベントをフル活用するために企業の人に『私の第一印象はどうですか?』と聞いてみることにしました。

第一印象を聞いてみての集計

・理系っぽい

・こだわりが強そう

・落ち着きがなさそう

・笑顔が素敵

・眼鏡をかけないほうが良い(伊達です)

・行動力があってバイタリティにあふれている

・ノープランで行動をしてそう

・個性が強い

・スーツが似合わない。スーツに着られている。

・ネット系に強そう。

というのが、主に言われた答えでした。

この中で意外だったのが、『理系っぽい』というのがびっくりしました。

僕は根っからの文系で、理系科目に関して言えば小学校の算数でさえ理解できていない程度のド文系です。

理系なんてものから縁遠い存在の世界線で生きています。

しかし、理系の方は一つのことを追求していくようなイメージがあるのか、こだわりの強そうな第一印象と相まってそういうような第一印象になったのかもしれません。

もしかしたら、表情が固いのでそういう風に見られたのかもしれないのでこれは改善すべき点かもしれません。

まとめ

第一印象を聞くことで、自分が他人からどういう風に見られているかを知ることが出来ます。

メリット・デメリットを知ることで自分の良い面・悪い面を知ることができますのでそれを自己分析に応用することもできます。

全く知らない人から自分がどういう風に見られているかを聞くことが出来る貴重な時期でもありますのでぜひ、試してみると良いと思います。

コメント