自分に向いていない仕事をし続けていると、精神と心が病んでくる。

人生について

やりたくもない仕事を何度もしてきたことのある人はいるのではないでしょうか?実際僕もやりたくもない仕事をし続けて精神面的にも体力的にも疲れ切ってしまった経験があります。その時は人生に対して絶望を感じる日々を送っていました。

ただ、それは働き詰めで精神を病んだわけではなく、本当に自分にあっていない仕事をしてきてそうなってしまいました。
これを読んでいる人にはそうなってもらわないようにと今回記事をまとめてみました。

人には向き不向きというものがある

先ず一つ言っておきたいことには、人の性格に応じて向き不向きの仕事があります。
僕の場合だと、単調な仕事をし続けるのがかなり苦痛です。
例を挙げるとすると、

ベルトコンベアで流れてきたものを載せたりする仕事(コンビニの工場など)
同じ作業の繰り返しをひたすらやること(小売業など)
交通調査など(カチカチするだけのやつ)

シンプル過ぎる仕事があまりにもできないのにこれを続けてきた結果、心と体が荒んでしまったことがありました。
もちろん、こういった作業をして何も思わない人もいますのでそういったことが得意な人もいます。
食欲が起きずに、げっそりすることもあったので、友人からは
「目が死んでいる」
「服装が乱れている」
「◯にそうな顔している」
など言われてました。
自分に合わないことは、人に精神衛生上にも周りにもよろしくありません。

大学時代にこんな経験しかしてこなかったので、働くということに好感を持てずにいました。

精神と心が荒んでしまうと悪循環になってしまう

一時期、働くのが嫌になるほど心が荒んでいたことがありました。
その時のことはめちゃくちゃデメリットしか感じなかったのでまとめていくと。

肌荒れや暴飲暴食▶生活コストの上昇。
ストレスを発散するためにお金を使う▶消費した分また働かなければならない。
精神的にキツイこと▶その分、体力を消耗してしまって考えることを止めてしまう。
目先のことしか考えられなくなる▶将来的なスキルの向上意欲が低下する。
疲れているので人に会いたくない▶自分を追い込んでしまう。

おそらく、これが最も多いんじゃないかなと思う点を挙げてみました。
働いてもむしろ悪循環でしかないのは本当にダメだなと感じました。
この状態になってしまうと自己肯定感も失ってしまうので避けたほうが絶対にいいです。
ただ、口だけで言ってもこの状態から脱出するための行動は難しいです。
僕は幸い、学生の間だけでしたので「休む期間」があったので良かったのですが、社会人になるとそれが難しいと思います。
本当に無理なら、休職することも検討したほうがいいかもしれません。

世の中には多くの仕事が存在する

同じ仕事ばかりし続けてきたせいか、世の中にはどんな仕事が存在するのかということも知らずにいましたし、自分の経験が全ての基準となっていたせいか労働の価値観が全然違うことが分かりました。

けれど、世の中には多くの仕事があるうえにその仕事全般がダメというわけではありません。
自分に合っていない仕事を選んでしまっているのでそうなってしまっているのだと僕は思います。

では、どんな仕事があるのかというのはこういった仕事のサイトもあるので見ることをオススメします。

職業図鑑
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 職業を知り、進学、就職に役立ててください。 職業図鑑は450以上の職業を詳しく解説し、職業別に求人情報や学校情報...

こちらの仕事旅行というサイトは、クリエイターから起業家まで様々な仕事を体験・転職することができる変わったサイトです。こういったワークショップを通して、自分に合いそうな仕事を見つけることも面白い!って思います。

仕事旅行|見たことない仕事、見に行こう。
見たことない仕事場を、旅するように訪問、いろんな仕事が体験できる「仕事旅行」。普段の生活で経験することのない、見たことのない仕事を見に行こう。さまざまな仕事...

少しずつ環境を変えていこう

僕は大学生のアルバイト時代に精神を病んでしまう経験もしてきましたが、社会人になっても働くということには変わらないのでそんな人たちに言葉が届けばいいなと思って書いています。

そうした方は、自分に合った仕事を見つけ直す[marker style=”thick” color=”green”][/marker]ことが一番精神的に楽になるかと思います。
ただ、何も考えずに辞めるというのは一番危険です。
お金が無い状態というのは、精神的なダメージがかなりあります。
貯金をしたりや、副業をしたりと対策をしていくことが大切となります。

自分のやりたいことを見つけるためには、僕の記事のようなやりかたもありますのでコチラからどうぞ。

高度な職業適性を考えている人は、仕事探し、転職向けの自己診断がありますのでオススメします。

自分の適性を見つけたらできそうなことを考える

職業の適性が見つかったのであるなら、それを組み合わせを考えていきます。
組み合わせる方法には自分の好きなこととやってみたいことを組み合わせると良いと思います。
何らかの商品やジャンルに興味を持っていて、商品の特性について詳しく分かる方などでしたら販売員やネットで紹介をするというのも向いている仕事かと思います。

人によって適性は異なりますので、診断ややりたいことなどの自己理解を深めることが人生を探す上でのヒントとなります。

最後に

自分に向いていない仕事というのは、身も心もズタボロにする危険なものでもあるため、ちゃんと自分を見つめていくことが大切です。

それができていればきっと、何か分かることが見えてくるしやっていくうちに「これではないな」と感じたら再度考え直せばよいのではないかと思います。

人生というのはいつからでもやり直すことができる。そう、やり続ければね。

コメント