効果抜群!!糖質制限にトライしてみたよ!!1週間やってみての感想!

 

運動する暇と時間が無いけれど、飲み会やストレス発散で食べることが多くなって体重が増加・・・

そんな悩みを解消するためにと思って糖質制限をする人が最近増えています。

ちなみに僕はまだ大学生ですが、ちょっとした別の悩み事があって糖質制限を試しにしてみることにしました。

 

やってみようと思った理由

 

・昼食後の眠気をどうにかしたい

・万年冷え性だから少しでも改善をしたい

・糖質を摂取する量を減らすと、アトピーが収まるらしい。

 

一番上は僕の個人的な悩みです。

昼食を食べた後にどうしてもやってくるあの眠気に打ち勝ちたいんです・・・

眠気が来ると生産性がガタ落ちするので嫌なんですよ。

それを何年も何年も悩みにしていたのでこれを解消できるきっかけと思って始めてみました。

 

残りの二つは栄養士の方から聞いた情報です。

昔からどうしようもないくらいの冷え性であらゆる手段を用いたのですがどうやってもダメでした。

そして、僕はちょっとだけアトピーがあってそれを治すためには糖質を減らすのが重要と言われたからです。

『砂糖を摂取するのを控えれば病気にかかるリスクは減る』ともおっしゃっていたので実践してみることに。

 

そして、糖質について調べていて最も興味深いなと思ったものがあったのでご紹介しておきます。

 

糖質制限でうつ病が治った話

 

ここ数十年で問題となってきた『うつ病』

このうつ病は仕事のストレスによっても引き起こされるのですが、治るまでに時間がかかります。

しかし、糖質制限をすることでうつ病が治り社会復帰ができたことがストーリーとして描かれています。

そのくらい糖質というものは厄介な存在なのかもしれません。

 

糖質制限を一週間してみての効果

 

今回は、お試しということで『朝、起きてから17時までは糖質制限』という設定にしました。

さすがに夜になると友人と飲んだりや家族とご飯食べたりするので難しくなるかなと思って夕方までにしました。

僕が食べて良いとした食品は、乳製品・ナッツ類・チーズといったものです。

 

ここでは0キロカロリーの食品は一切食べません。

僕としては、0キロカロリーの食品は人為的に作られたものが入っているため取り入れたくないのです。

あと、0キロカロリーの甘いものを食べている段階で”糖質”制限とはなんぞや甘いものは糖質やろってなるので徹底的に排除です。

 

そして、食後に眠くなる原因としてはオレキシンと血糖値が関係してくるようです。

食後は血糖値が上がりますが、オレキシンをつくる神経細胞の活動は、血糖値が上がるとすぐに対応して変動し、落ちていくのです。オレキシンがあまりつくられなくなり、覚醒が低くなるので、眠気が増していきます。

出典 これが「昼食を食べて眠くなる」本当の理由 2ページ

 

糖質を摂取することで神経細胞の働きが活発となるので、オレキシンの覚醒が低くなり眠りへと誘うようです。

なので、糖質の摂取さえ減らせば眠くなることはないようです。

 

昼食時に眠くなることが減った。

 

さきほどの食後に眠くなる原因となる糖質を徹底的に排除していたおかげかほとんど眠気が来ませんでした。

一番眠たくなる14時から15時にかけてもなんともなし。むしろ目がさえて困ってしまうくらいでした。

眠気も来ないので集中して作業に没頭することができました。

糖質制限万歳。これで眠気とおさらば。

※個人差はあります。

 

カラダの疲れが軽減された。

 

意外と知らない人が多いのかもしれませんが、過剰な糖質の取りすぎはミネラルやビタミンといった疲労回復に必要な栄養素を阻害する原因となります。

今まで、僕自身も「今日は疲れたから甘いもの食べてリフレッシュしよう」なんてしていたのですが、これがかえって逆効果になることに気づいてからは甘いものも控えるようになりました。

 

糖質制限のおかげで疲労度がいつもに比べて少なかったです。

いつもだったら、家に帰宅する頃にはヘロヘロで帰ってくることもありましたが1週間の検証中は疲労も感じずに1日を過ごしておりました。

 

睡眠時間が少なくてもよくなった。

 

一週間のうちに4時間・5時間睡眠の日が3日ほどあったのでびっくりしました。
 

いつもは6・7時間の睡眠しか取っていなかったのでこの成長ぶりには驚きました。

しかし、残念ながらあまりに早い起床は体に悪いのでは?と感じて3日全て二度寝をしました笑

どうしても二度寝を減らす方法って無いかな?ちょっと自分で色々と試してみたいと思います。

 

痩せた?と言われるようになった。

 

痩せた?と言われるようになった。

元々、痩せ型の僕が更に痩せてしまったのでこれはちょっとあかんなとは思いました(苦笑)

僕の場合は顔から痩せていったようなので友人がすぐに気づいたようです。

あんまり痩せている人が実践すると身体に悪いかもしれませんが、

 

『ちょっとウエストが・・・』

『顔太りしてきた・・・』なんて方にはうってつけなのではないでしょうか?

1日の食事のうちのどれかを糖質制限するだけでも大きな変化が出てくると思いますよ!

 

実践する上でのデメリット
2・3時間ごとに食べないと飢餓状態に

 

一回の摂取カロリーが大体400キロカロリー程度になっていますのでとても少ないです。

なので、短時間で食べたものがエネルギーに代わり燃焼されます。

そのため空腹状態になりやすいです。もはや、空腹を通り越して飢餓状態です。

『なんか・・・食べなきゃ死ぬ・・・腹減った・・・』といった感じで食料に飢えた野生動物のようになります。

 

そのため、僕はアーモンド一袋を3回に分けて食べることなどをして適度にお腹を満たして凌いでいました。

 

 

食べる頻度が増えるため食費がかさむ

 

 

空腹になりやすいため、定期的に食べ物を食べないとなりません。

なので必然的に食費がかさんできます。

そのため、もし実践する場合でしたら『業務用のナッツ類』を購入することをオススメします。

僕はプレーンよりも塩が少しかかったアーモンドが好きなのでこちらの業務用のアーモンドをオススメします!
コンビニで買うと40gで200円近い値段がしますが、この業務用タイプだと1キロも入って2000円ちょっとなので絶対にこっちを買ったほうがお買い得です!

僕の大好きなカシューナッツ。
あのポリポリとした食感が癖になるから何個でも食べれちゃいます。
しかし、カシューナッツはややお値段が張るので買うのを諦めていましたが。
この業務用タイプでしたら1gあたり2円ちょっとという破格の値段で購入できます。
こちらも40g程度で200円ほどするのでその半分以下の値段で食べれちゃいます。

業務用万歳(^○^)

 

人と一緒にご飯が食べにくい

 

昼にナッツとチーズしか食べない人と一緒に、ラーメンとかうどんとか定食とかの炭水化物が入っているようなものを食べに行くのは気まずいですのでどうしても、遠慮がちになってしまいます。

『糖質制限中なんだよね^^; 』なんて言ってその場を乗り切りましょう。理解してくれる人を作っていくのです。

あとは、個人的な話として。

大学の講義室なんかでナッツをボリボリ食べている光景って変わった人だなって思われることも多くて、注目されやすいのであまり目立ちたくない人は人があまりいない場所で食べましょう笑

 

まとめ

 

今回、一週間のお試しで糖質制限をしてみましたが、あまりにも効果てきめんだったので今後も継続していこうかと思います!!!

ただ、あまりやりすぎると僕の体重(現在50キログラム)がどんどん減ってしまうので適度にしていこうかと思います。何事に置いてもやり過ぎは毒と言いますからね。

冷え性とアトピーに関してはまだまだやり続けないと効果が出ないようなので継続的に指していく前向きな気持ちが出てきました。

生まれて22年間悩まされていた病気が糖質を制限するだけで治るって考えるといかに糖質が身体に悪いかってのを考えるようになりました。

 

日頃から体調が悪かったりややる気が無い人は糖質を制限するだけで体調に変化の兆しが見えてくると思います。

実際に僕が体調の変化を如実に感じることができました。身体のだるさややる気の低減も無くなり、生活に潤いがでてきた気がしました。

糖質制限はメリットばかりでデメリットはほとんどありません。

あるとしたら、ちょっとばかし食費が増えることなのかもしれませんが一回の食事摂取量を控えて回数を分けるか、業務用のものを買ってそれを小分けして食べるといった様々な方法がありますのでそれぞれのライフスタイルに合うやり方で実践していくと良いかと思います。

それでは♪

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です