やりたいことが見つからない人に実践してもらいたい方法を僕なりにまとめてみた。

人生について

やりたいことが見つからない。
こんな若者が多いのは言うまでもないし、世の中にはたくさんいる。
ましてや僕なんかがまさにそうだし、常にやりたいことが分からないでいた。

しかし、最近になってそのやりたいことについて自分なりに見つけることができたのでやりたいことを見つけるためのヒントになればと思って書いてみようかと思う。

やりたいことなんて誰にもわからない


「自分のやりたいことが分からない」

その言葉は僕自身にも反発して返ってくる。
僕もとにかく色々なことをやっては失敗するをひたすら繰り返してきた。

今でも、やりたいことなんてわからないまま活動をしていると思う。
本当にやりたいことなんて人によるし、結局はその人次第になるんだなと感じている。
いざ、やりたいことがあったとしても、それが「仕事に直結する」というのは非常に難しいもの。

人は最善の方法ではなく、妥協した方法で答えを結びつけることが多い。
一度、妥協したからといって諦めるのではなく、組み合わせて実行することで上手くいくことがある。

結局はその人自身の生き方なのだと感じた。

やりたいことではなく、楽しいことを考えてみる

本題に入ろう。最初に自分のやりたいことを言語化してみよう。
漠然とした不安そのものが人のやる気や行動を奪ってしまうのである。
それを解決するためには、文字として書き起こすことが一番手っ取り早いと思う。
もちろん、頭の中で考えてそれを記憶として保存ができる方はそれでも構わない。

先ずは、自分が今まで費やしてきたことを思い出してみる。
自己分析のように、深くはやらなくても大丈夫。
紙とペンさえあれば、簡単にできることなのでご安心を。

白紙にはこのようなタイトルを書く。

今までやってきて楽しかったことは?

以上だ。
今までのことなので、1年前の世界一周の旅のことだろうが昨日の晩御飯に彼女とシチューを作ったことでもなんでいい。
あなたが「楽しい」という感情が芽生えた瞬間のできごとを思い出して欲しい。

もちろん箇条書き程度で構わない。詳細に書ける人がいればそれでもいい。

このように、箇条書きで書いていく。

この中で被ってそうなものをまとめてジャンルに分けてみる。
僕の場合だとこうなる。

 

探究心/対人力/達成感etc…大体こんな感じに一言でまとめると簡潔です。

※ジャンルに分ける時はもっとシンプルでも良いです。

探究心▶学ぶことが好き
対人力▶人と話すことが好き
達成感▶目標に向かって頑張る。

これで何ができそうかを考えてみるために、これで仕事内容などをざっと照らし合わせることができると思う。

紙ベースでやって気づいたのだが、これは高度な自己分析とほぼ同じ内容で出た。
案外、ベースは簡単に決まっているものなのかも知れない。

これで、自分の持っている楽しいという気持ちについては理解ができた。
これを仕事に組み合わせる場合には、職業について知る必要がある。

じゃあ、これを仕事に組み合わせてみたら?

さて、自分が何が好きで得意なことなのかということがこれで分かりました。
これを職業や仕事に照らし合わせてみると、僕の場合はこんな感じになりました。

やはり、営業でしたか…

職業だったら、営業・接客などの対人関係にあたる。もしくは自分の考えで表現をする芸術分野が向いていると言えます。

では、対人関係の仕事の中でもどれがいいかにもよるが、僕の場合は対個人向けの仕事のほうが向いていると言える。

その理由としては、人と近い距離で関わって色んな情報を知りたいということが予想されるからです。

自分の考えと相手の考えをすり合わせて近い距離で答えを提供したい。

なので、やや個人営業寄りになります。まさに、今やっている仕事の内容だな。

これだけ出てしまえばある程度の仕事の職種までは絞れるとは思う。
あとは、自分の趣味と合わせたりや、楽しかったことを紐づけるとやりたい仕事までが出てくるはずだ。

これで、きっとあなたのやりたいことが見つけられたはずだと思う。
あくまで僕自身が診断してできたことなので人それぞれ異なります。

・黙々と作業をする方や
・技術を磨き上げる人
・企画・運営側に携わる人

など色々と個性がにじみでてくるのでそれらに合わせた答えを見つけてもらいたいと思う。

あとは、少しずつ目標を決めて実行をしてみるのみです。

小さい目標を作ってみる

小さな目標というのは、本当に些細なレベルのものでいい。
自分のできそうなところからスタートするところが一番手っ取り早いだろう。
僕の場合は仕事が営業ですので、それを照らし合わせてみると。

・取引先の会社のことについて少し調べてみる。
・新人なので仕事のわからないことについては質問をする。
・言葉のバリエーションを少し増やす。

などが取り組める内容です。

自分のできる範囲のレベルで物事に取り組むところから始めれば、できることも少しずつ増えてくると思いますので。

次に、少し難しい目標設定を作ってみる

小さな目標をルーチンで行うことも大切になってくるが、それだけでは人は飽きてしまう。
せっかく習慣化ができたのにそれだけでそのことを止めてしまうのは非常に勿体ない。
なので、一歩踏み出した目標設定を考えて実行して、自身のレベルアップを図ることが良いことです。

自己肯定感を自ら上げることでできることを自然と増やすことができると思う。
後は、遊び感覚で進めていくことができればそれはきっとフロー状態になっている証拠なので上達力も上がっていくだろう。

小さな目標の繰り返しをすることで、段々とそれができるようになってくるのでその人の自信にもつながってくると思う。

これなら悩まずにできるし、やりたいことを仕事に!!!なんて大層なことを僕に言う権利は無いけれど、こうやって自分がしてきて面白かったことや興味のあることを交えて行うと、できることも増えてくるのではないかなと思う。

もっと、自分の長所について知りたい!という方はコチラの診断もオススメできるのでやってみると自分の見えてくる部分がより明確に出てくると思うので、やってみると良いと思う。

最後に

いかがだっただろうか?
これは僕のやりかたなので、あくまでの例と思って構わない。
人それぞれのやりかたがあるので自分なりの答えを見つけられることができたらいいと思っている。

今まで、僕自身も自分の「やりたいこと」というのが明白ではなかった。
人の意見を取り入れて無理矢理こじつけで型をはめるという狭苦しい生き方をしていた。

しかし、自分のことなのだから自分なりに見直す必要があると思い直していたのと、僕の周りに似たような悩みを持つ人がたくさんいたのでこれが役に立てばいいなと思って記事にしてみました。

非常にシンプルなので、迷わず、簡単にできると思う。
何かわからないことや、質問などがあれば連絡を頂けると嬉しい。

コメント